スマホに届く浸水アラーム

係留中に万一浸水が発生したときに、浸水を感知して、SMSで知らせてくれる装置は作れないだろうか?
水位センサーと、ラズパイと外部のSMS送信サービスを使えば、そんなに難しい事ではなさそうだけどなあ。なんて、考えていたのだけど、もっとお手軽な方法が見つかった。

Amazonで売っている中華製の浸水検知器、3,280円也。(https://onl.la/Z1JsD2b

普通の検知器はアラームが鳴るだけだけど、これは、アラームは鳴らず、スマホのアプリにアラームを送ってくるらしい。 

早速、船のネットワーク(というか、古いスマホと格安SIMでテザリング)に繋げて実験。

このようにセンサー部が水に浸かると、
スマホの待ち受け画面に、アラームのメッセージが、

そして、これをタップすると、アプリが開く。

氾濫の漢字が中国っぽいなあと思ったのだけど、これで合ってます。失礼しました。

これ、なかなか良くね?

あまり頻繁に鳴られても困るので、船底から1センチぐらいのところにセンサーを固定(先端が2つとも浸かると作動)。

電池式なので、本体は邪魔にならないところに両面テープで貼り付けるだけ。
単四2本では、何日保つのか怪しいけども、その辺りはまた追って改造を考えましょう。

もちろん大事なのは、エアコン配管の逆止弁やトイレのU字ベントなど、浸水が発生しないようにしっかり艤装することだが、壊れない艤装品なんてものは無いし、その前提で船を離れるときは必ずスルハルのバルブを閉めることにしているけれど、これもしょっちゅう忘れる。

そこで、万一の浸水の場合でも、スマホにアラームが届き、船に駆けつけるまでは、自動運転モードになっているビルジポンプが稼働して時間を稼いでくれるということにしておけば、まあ、どこかで引っかかって沈没は避けられるんじゃないかなあと思う。

コメント

  1. O川 より:

    へぇ、これはなかなか興味深いガジェット。
    センサーとプッシュ通知が1つのユニットになっているのがなかなか良い感じですね。
    数十年前にこれがあったら、お風呂の水をためているのを忘れてて、それこそ氾濫させるのを防げたかも。

タイトルとURLをコピーしました